就活に適したヘアスタイルについて

就活で重要なポイントの一つが、「ヘアスタイル」です。

ヘアスタイルで最も大事なのは、「清潔感」です。

いくらよいスーツを着ていても、清潔感のないヘアスタイルだと台無しになってしまいます。

まず色ですが、いちばんよいのは「黒」です。

あまりに派手な色だと、威圧感を与えてしまったり、マナーが身に付いていないと判断されてしまいます。

もちろん、業界によっては気にしない所もありますし、髪の色などで個性を出したいという人もいるかもしれませんが、就活ではやはり黒にしておくのが賢明です。

では、男女それぞれについて細かく見て行きましょう。まず、男性編。

サイドの長さは、耳にかからない程度にしましょう。サイドが長いと、顔に丸みが出るので、穏やかなイメージを与えることができますが、長すぎると清潔感が損なわれてしまいます。

ですから、耳にかからない程度にしておくのがベストといえます。前髪は、眉にかからない程度の長さにしましょう。長すぎると、暗い印象を与えてしまいます。

短めにしておけば、明るく爽やかな印象を与えることができます。そして、意外とチェックされているのが、「襟足」と「もみあげ」です。

襟足が長いと、ホストのような感じになってしまいますし、もみあげが長いと、やはり清潔感が損なわれてしまいます。

どちらも、短くしておくべきです。

次に、女性編。ロングの場合は、アップにしておけばすっきりした印象を与えることができます。

その際、ハーフアップにすると女性らしさをアピールすることもできますが、ゴムやピンは黒などの目立たない色の物を使うようにしましょう。

ミディアムの場合は、そのままでも問題ありません。ただし、サイドを耳にかけるなどして、顔を明るく見せたほうがよいでしょう。

やや長めの場合は、後ろで結んだほうがベターです。ショートの場合は、輪郭をはっきりさせることを意識しましょう。

ボブなどだと、サイドで輪郭が隠れてしまいがちですが、そうなると影ができるので、顔が暗く見えるのです。

また、前髪をまっすぐ下ろした状態だと子供っぽく見えてしまうので、分け目を作ったり、ピンで留めるなどの工夫が必要です。

前髪に長さがある場合は、サイドに分けて、スプレーでセットするとよいでしょう。

ただし、付けすぎるとベタベタして、却って不潔な感じになってしまいます。

髪の上から噴射するのではなく、前髪の裏から噴射したり、クシに噴射してから梳かすようにするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です