就活時に使用するメールアドレスについて

就職・転職活動を行う際にメールアドレスが必要となる場合があります。その際使用するメールアドレスで気を付けた方がいい点をご紹介します。

プライベートで使用するメールアドレスには、おもしろ要素や、暗号化したもの、かわいらしい絵文字風のものなど、自由に作成したものを使用できますが、自由なメールアドレスをそのまま履歴書や応募書類に記載するのはあまり好ましくありません。

就職・転職活動に使うためのメールアドレスを作成することによって、好感を与えるまではいかなくとも、真面目な印象を与えることにつながります。おすすめするメールアドレスは、「名前+苗字@~」というシンプルなものです。

例 :hanako.Tanaka@~

採用担当者が受信メールを見たときに、この人は誰なのかの見当がつきやすくなります。

また、アドレスに使われている文字によって余計な印象を与えることがないです。このような形を基本としましょう。大学名等の、自分が所属する団体の名称を加えてもよいでしょう。

これに電話番号を加える場合が考えられますが、採用担当者にとっては連絡がしやすくなりますが、第三者に漏洩してしまった場合など、個人情報の流出が起きた場合被害が拡大してしまいますのでおすすめできません。

また、昨今ではフリーメールが広く使用されるようになっています。これらを利用しても問題はないですが、採用担当者がどのような印象を持つかはわかりません。

フリーメールは、簡単に増やしたり、アカウントを削除したりすることが可能だからです。年配の方であれば、プロバイダから支給されたメールアドレスなどの方が、信用度は高いと感じてもらえるかもしれません。

また大学生は、大学から割り当てられたメールアドレスがある場合があるので、活用するのもいいかもしれません。信用度も高いでしょう。

フリーメールを使用する際注意すべき点として、採用担当者からの返信が迷惑メールと判定されてしまい、気づかなかったなどの事態が発生する可能性があります。

このような事態が発生すると返信が遅れたり、最悪の場合返信できなかったなどということになり、悪い印象を与えてしまいます。

事前にメールの設定内容を確認し、適切に設定されていることを確認しておくことで、このようなミスを防ぐことができます。

就職・転職活動であまり意識することのないメールアドレスですが、少し気を配ると、採用に一歩近づくことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です