就活における自己紹介のポイントとは

就活の面接では、最初に「自己紹介をしてください」と言われることが多々あります。

しかし、これに対して、相手が聞きたいことと少しずれたことを言ってしまう人も、少なくありません。

以下で、自己紹介のポイントを解説して行きます。

一つ目のポイントは、「自己紹介と自己PRは別である」。

「自己紹介をしてくれと言われたのに、自己PRをしてしまう」というのは、よくある間違いです。

自己紹介は、挨拶とコミュニケーションのきっかけを作るために行うのに対して、自己PRは能力や意欲をアピールするために行います。

面接官からすると、自己紹介をしてほしいのにスキルや知識の話をされては、戸惑ってしまいますし、「質問の意図を汲み取ることができない」というように、コミュニケーション能力に難ありと判断されてしまいかねません。

自己紹介のために話すことと、自己PRのために話すことは、別個に考えなくてはなりません。

二つ目のポイントは、「何を話すべきか」。

自己紹介は、上述したように「挨拶」と「コミュニケーションのきっかけ作り」が目的です。

そのためには、「自分のプロフィールを伝える」「PRしたいことについて、簡単に触れておく」ということが必要になります。

ですから、内容としては、「大学名」「学部・学科名」「氏名」「勉強してきたこと」「学業以外の活動」「特技」「面接に来た企業の魅力」「挨拶」などを盛り込むことになります。

注意してほしいのは、「履歴書やエントリーシートの内容と、食い違いが出ないようにする」ということです。

もし食い違いがあると、それだけで不信感を持たれてしまいます。

また、自己紹介は第一印象を決める所でもあるので、「明るい声でハキハキと話す」ということを心掛けてください。

三つ目のポイントは、「どのくらいの長さにすべきか」。

一般的には、「1分以内に収まる長さ」がベストとされています。

これは、聞く側に物足りなさを与えず、退屈さも感じさせない長さだからです。

文字数にすると、250~300字ほどとなります。

ただし、企業によっては「30秒で自己紹介してください」などと言われることもあるので、いろいろな長さのバージョンを用意しておくと安心です。

四つ目のポイントは、「訊かれたことに答える」。

「自己紹介してください」と言われた場合は、上記の内容に沿って答えればよいですが、「氏名と大学名を教えてください」と言われた場合は、その二つだけを答えればよ
く、学業などについて話す必要はありません。

就活は、何よりも休息を大切に

皆が一斉にスタートラインに立つ就職活動。誰もが、自分にあった会社に入りたい、まずは内定を得て安心したいと、必死にもがきながら走ってゆきます。

でもそこで大切なことがひとつあります。「休息」です。

誰しも、エントリーの締め切りに間に合わすために、夜遅くまで必死にエントリーシートを書いた経験をお持ちではないでしょうか。

就活セミナーに参加し、同じ「戦友」たちと居酒屋で盛り上がった経験をお持ちではないでしょうか。

もちろん、夜遅くまで頑張ったり、仲間と深夜まで語りあうことも重要です。しかし、それが翌日の面接に響いてしまうこともあるのではないでしょうか。

面接官も人間ですので、多かれ少なかれ就活生の第一印象で合否を判断してしまう部分を持っています。夜遅くまで頑張ることは大切ですが、それが顔に出てしまい、疲れた顔で面接を受けたことがある方もいらっしゃると思います。

しかし、同じような経験と熱意を持って面接に来た就活生が、一方は顔色も悪く疲れた表情を浮かべ、もう一方は明るい顔色で、元気よく話をしていたら、採用するほうはどちらを採用したいと思うでしょうか。全員ががむしゃらに頑張る就職活動だからこそ、上手に休息を取り、活力を蓄えられることも大きな武器になるのです。

そうは言っても、多忙な就職活動の中で、簡単に休息を取るのは容易ではありません。どうすれば、うまく時間をやりくりし、十分に休むことができるのでしょうか?十分な休み時間を確保する方法はこつは大きく3つあります。

1、隙間時間を活用する

良く言われるセリフですが、具体的にご紹介します。

例えば、企業情報の検索や簡単なアンケート調査などの細かいタスクは、電車の移動中や昼休みのカフェでも十分にこなせます。就活サイトは、ブックマークした情報をPCにそのまま反映できますので、思い作業はブックマークし、家に持ち帰るでもよいでしょう。

2、やらないことを決める

よくToDoリストを作り、やるべきことを決めようなどと言いますが、やらないことリストを作るのも実はとても重要です。やるべきことは実は無限にあり、やりだすときりがありません。あれもこれもと手をつけているうちに深夜になってしまうのです。

逆にやらないことを決めることで本当に必要なタスクに集中して取り組み、質を上げることができるのです。

3、断る勇気を持つ

就職活動において、何事もやってみようという気持ちはとても大切です。でも常に、自分の活動のうち、時間を取られてしまっている活動はないか、見返す必要があります。

それが、本当に必要な活動なのか、考え、それほど重要でないと思えば、断ってしまうこともひとつの勇気です。

これら3つは、就職活動だけでなく、仕事にもそのままいかされるスキルです。しっかりと休息を取って元気な笑顔で内定を勝ち取りましょう。

就活の始め方は?何からやるべき?

就活に適したヘアスタイルについて

就活で重要なポイントの一つが、「ヘアスタイル」です。

ヘアスタイルで最も大事なのは、「清潔感」です。

いくらよいスーツを着ていても、清潔感のないヘアスタイルだと台無しになってしまいます。

まず色ですが、いちばんよいのは「黒」です。

あまりに派手な色だと、威圧感を与えてしまったり、マナーが身に付いていないと判断されてしまいます。

もちろん、業界によっては気にしない所もありますし、髪の色などで個性を出したいという人もいるかもしれませんが、就活ではやはり黒にしておくのが賢明です。

では、男女それぞれについて細かく見て行きましょう。まず、男性編。

サイドの長さは、耳にかからない程度にしましょう。サイドが長いと、顔に丸みが出るので、穏やかなイメージを与えることができますが、長すぎると清潔感が損なわれてしまいます。

ですから、耳にかからない程度にしておくのがベストといえます。前髪は、眉にかからない程度の長さにしましょう。長すぎると、暗い印象を与えてしまいます。

短めにしておけば、明るく爽やかな印象を与えることができます。そして、意外とチェックされているのが、「襟足」と「もみあげ」です。

襟足が長いと、ホストのような感じになってしまいますし、もみあげが長いと、やはり清潔感が損なわれてしまいます。

どちらも、短くしておくべきです。

次に、女性編。ロングの場合は、アップにしておけばすっきりした印象を与えることができます。

その際、ハーフアップにすると女性らしさをアピールすることもできますが、ゴムやピンは黒などの目立たない色の物を使うようにしましょう。

ミディアムの場合は、そのままでも問題ありません。ただし、サイドを耳にかけるなどして、顔を明るく見せたほうがよいでしょう。

やや長めの場合は、後ろで結んだほうがベターです。ショートの場合は、輪郭をはっきりさせることを意識しましょう。

ボブなどだと、サイドで輪郭が隠れてしまいがちですが、そうなると影ができるので、顔が暗く見えるのです。

また、前髪をまっすぐ下ろした状態だと子供っぽく見えてしまうので、分け目を作ったり、ピンで留めるなどの工夫が必要です。

前髪に長さがある場合は、サイドに分けて、スプレーでセットするとよいでしょう。

ただし、付けすぎるとベタベタして、却って不潔な感じになってしまいます。

髪の上から噴射するのではなく、前髪の裏から噴射したり、クシに噴射してから梳かすようにするのがおすすめです。

就活時に使用するメールアドレスについて

就職・転職活動を行う際にメールアドレスが必要となる場合があります。その際使用するメールアドレスで気を付けた方がいい点をご紹介します。

プライベートで使用するメールアドレスには、おもしろ要素や、暗号化したもの、かわいらしい絵文字風のものなど、自由に作成したものを使用できますが、自由なメールアドレスをそのまま履歴書や応募書類に記載するのはあまり好ましくありません。

就職・転職活動に使うためのメールアドレスを作成することによって、好感を与えるまではいかなくとも、真面目な印象を与えることにつながります。おすすめするメールアドレスは、「名前+苗字@~」というシンプルなものです。

例 :hanako.Tanaka@~

採用担当者が受信メールを見たときに、この人は誰なのかの見当がつきやすくなります。

また、アドレスに使われている文字によって余計な印象を与えることがないです。このような形を基本としましょう。大学名等の、自分が所属する団体の名称を加えてもよいでしょう。

これに電話番号を加える場合が考えられますが、採用担当者にとっては連絡がしやすくなりますが、第三者に漏洩してしまった場合など、個人情報の流出が起きた場合被害が拡大してしまいますのでおすすめできません。

また、昨今ではフリーメールが広く使用されるようになっています。これらを利用しても問題はないですが、採用担当者がどのような印象を持つかはわかりません。

フリーメールは、簡単に増やしたり、アカウントを削除したりすることが可能だからです。年配の方であれば、プロバイダから支給されたメールアドレスなどの方が、信用度は高いと感じてもらえるかもしれません。

また大学生は、大学から割り当てられたメールアドレスがある場合があるので、活用するのもいいかもしれません。信用度も高いでしょう。

フリーメールを使用する際注意すべき点として、採用担当者からの返信が迷惑メールと判定されてしまい、気づかなかったなどの事態が発生する可能性があります。

このような事態が発生すると返信が遅れたり、最悪の場合返信できなかったなどということになり、悪い印象を与えてしまいます。

事前にメールの設定内容を確認し、適切に設定されていることを確認しておくことで、このようなミスを防ぐことができます。

就職・転職活動であまり意識することのないメールアドレスですが、少し気を配ると、採用に一歩近づくことができるでしょう。